美容外科名医リスト 関西

 

 

 

トップページ

 
名医101人リスト
名医ってなに?
選んだ方法
北海道・東北
関東
東京(クリニック)
東京(大学病院等)
北陸・中部
関西
中・四国
九州
女医

大学病院・総合病院

 
作成者プロフィル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





医療ジャーナリスト 大竹奉一美容外科名医101人 クリニックから大学・総合病院まで、全リスト無料公開
クリニックから大学病院まで地域別美容外科 名医リスト


医療ジャーナリスト大竹奉一ホームページリンク集
目・鼻・乳房・シミ・シワ・レーザー治療など、
最新情報と、
専門別名医リスト

失敗しない美容外科医の選び方

 

関 西

クリニック

出口正巳
カリスクリニック院長

顔面・輪郭、眼瞼シワ取り、フェイスリフト、脂肪吸引術顔面骨格
「患者さんの希望を十分に聞かせて頂いた上で、基本となる形成外科技術と最新の美容外科技術による治療を説明し、確かな理解と同意を得た上で治療を行ないます。ご両親、ご主人、ご友人と一緒に御来院下さい。患者さんの立場に立った、患者さんに対して正直であることをモットーに診察と治療をさせて頂きます」
昭和54年長崎大学医学部卒業、同形成外科、大阪白壁美容外科を経て現職。
〒530-0001大阪市北区梅田2丁目4-37西梅田上島ビル4・5F 
電話06−4797−4000
http://www.charis-clinic.com

インタビュー
<顔面・輪郭の手術をはじめ、日本のトップレベル>

高柳 進
 メガクリニック院長

乳房(豊胸術)、重瞼術、脂肪吸引・脂肪注入、シワ取り、隆鼻術、整鼻術
治療の前に患者さんの希望・悩みを詳しく聞いて、考えうる治療方法のリスクなどについても説明を充分にします。カウンセリングから手術後のケアまで一貫して同一の医師が担当するのが、一番安全な方法だと考えています
昭和49年京都大学医学部卒業、同形成外科、大阪赤十字病院、小倉記念病院形成外科部長などを経て開院、現職。
〒533-0033大阪市東淀川区東中島1-18-5 新大阪丸ビル2階
電話06-6370-0112 FAX06-6327-0584
<豊胸術をはじめ、美容外科全般にわたり優れた技術と経験>

HP http://www.mega-clinic.com/
E-mail info@mega-clinic.com

インタビュー

鈴木晴恵 
鈴木形成外科院長

フォト・レジュビネイション(光治療)、フィラー(ヒアルロン酸・ヒト培養コラーゲン・自家脂肪注入)・Botox・プラセンタ注射、レーザー、眼瞼形成(眼瞼下垂・たるみとり)、スレッドリフト、光脱毛・針脱毛、ケミカルピーリング、エステ、外用剤・サプリメントの開発 
「患者さんの状態、ご希望、社会的・経済的条件を考慮し、最善の方法を提供します。そのための技術の研鑚、知識の向上のための努力は惜しみません」 昭和59年国立高知医科大学卒業、京都大学医学部形成外科、麻酔科研修を経て開院、現職。
〒605-0009京都市東山区三条通大橋東入ル大橋町89-1
電話075-752-1533・075-752-1603 FAX075-752-1060 
http://haruesuzuki.com/
<フォト・レジュビネイション(2000年にフォトフェイシャルを日本に紹介、レーザーピーリング、CuBレジュビネーションなどを開発)、フィラー(脂肪注入含む)、レーザー治療(1988年より携わり、QスイッチNdヤグレーザーとQスイッチアレキサンドライトレーザーによる青あざ治療を可能にした)など、女性の皮ふ治療では日本のトップレベル。エステ(1990年にメディカルエステを考案した)も併設して患者さん本位の治療>

杉本 庸(すぎもと いさお)
杉本美容形成外科 副院長

整鼻術、フェイスリフト、フォトフェイシャル、豊胸術、電気脱毛、美容外科全般
「兵庫県で最も古くから美容外科を開業し、県下で最も充実した設備を持ち、最近話題のフォトフェイシャルもいち早く導入し、あらゆる手術に対応が出来ます。個人個人を大切にし、その方に一番合った治療を提供できるように努力しています」
1991年 広島大学医学部卒。神戸大学医学部 形成外科学入局、神戸大学医学部附属病院 形成外科 臨床助手。2009年 神戸大学大学院医学研究科 美容医科学講座 特命准教授。 日本形成外科学会 専門医、日本レーザー医学会、レーザー専門医。 日本美容外科学会 専門医
〒651-0094兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-4-10
電話078・251-1141 FAX078-241-2341 
HP hhttp://sugimoto-biyou.jp/?mid=introduce
E-mail sugimoto@jin.ne.jp

衣笠哲雄
 きぬがさクリニック院長

美容外科、形成外科、皮膚科、脱毛(レーザー、針脱毛)、ピアスほか昭和57年奈良県立医科大学卒業、同附属病院形成外科などを経て開院、現職。
「当院は、厚生省認可・財団法人 日本美容医療協会の適性認定施設として指定を受けている、全国でも少ない施設です。また、最新の設備機器を備えており、患者様のニーズにあった治療方をご提案しております。安心して受けられる、そして心から喜んでいただける治療を目指し、診療にあたっております」
〒542-0076大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル1・2・3・4・5階
電話06-6631-8111 FAX 06-6631-8200
HP http://www.kinugasaclinic-japan.com
E-mail info@kinugasaclinic-japan.com
<レーザー脱毛、電気針脱毛、ピアス、皮ふ治療などに優れた技術と経験>

土井秀明
こまちクリニック

眼瞼手術、各種しわ取り手術、ヒアルロン酸注入、ボトックス治療、脂肪注入、ワキガ、多汗症、各種レーザー治療、ケミカルピーリング、ケロイド治療
学問としての形成外科に裏打ちされた美容外科医療を心がけています。手術だけではなく最新レーザー機器、ケミカルピーリングなどの皮膚美容も含めた、きめ細かな総合的美容医療を行い、患者さんが満足するまでお付き合いする姿勢を第一にしています。

1987年大阪医科大学卒業、関西医科大学形成外科入局、同麻酔科、同形成外科助手、河内総合病院形成外科医長、関西医科大学形成外科講師、土井・きぬがさクリニック神戸院長などを経て、こまちクリニック院長。

日本美容外科学会(JSAPS)、国際美容外科学会(ISAPS)、日本形成外科学会、国際形成外科学会(IPRAS)、 日本美容医療協会、日本頭蓋顎顔面外科学会、、日本熱傷学会、日本眼形成外科学会、日本臨床皮膚外科学会 他。 日本美容外科学会 評議員・専門医、日本形成外科学会 評議員・専門医・皮膚腫瘍外科指導医、 日本美容医療協会 適正認定医・レーザー適正認定医、日本レーザー医学会 専門医、 日本熱傷学会 専門医、関西医科大学形成外科学講座非常勤講師

〒534-0024大阪府大阪市都島区東野田町2-9-7 K2ビル2階
Tel:06-6881-2595 Fax:06-6881-2596
HP http://www.komachi-clinic.com/
E-mail :info@komachi-clinic.com

中西 雄二

顔の輪郭形成、小顔形成、女顔にする手術(女性をさらに女性らしく、又は、
男性を女性にする)が得意。そのほか 乳房(豊胸術)、重瞼術、脂肪吸引・脂肪注入、隆鼻術、整鼻術、フェイスリフト、アンチエージングなど美容外科全般。
美容外科手術後に生じた患者さんの悩みを解決する修正術も積極的に行います
昭和58年藤田保健衛生大学医学部卒業。トヨタ記念病院形成外科医長 、藤田保健衛生大学形成外科講師、慶應義塾大学助教授(伊勢慶應病院形成外科)、第一なるみ病院形成外科部長などを経て、平成16年ヴェリテクリニック総医院長に就任(現在 藤田保健衛生大学形成外科客員助教授)
<輪郭・小顔をはじめ、美容外科全般にわたり日本のトップレベル。修正にも意欲的に取り組み、医師としての倫理観も高い>

 

塚原孝浩
つかはら美容外科形成外科クリニック

周波治療(サーマクール等)、フラクショナルレーザー。多汗症、腋臭症治療器「ミ ラドライ」の臨床治療、スキンケアから手術までオールマイティーな治療。

患者さんの身体・肌・心の状態としっかりと向き合い、今抱えている悩みや不安を同じ立場にたって、改善・解消していくためのカウンセリングを丁寧にしています。“安全で確実な施術”を行うことを第一に、レベルの高い治療を行っています。さらにひとりひとりに合った術後のアフターケア、食生活、生活習慣のアドバイスも行っています。            
1961年大阪生まれ。1987年(昭和62年)福井医科大学(現、福井大学医学部)卒。
1987年(昭和62年) 近畿大学医学部附属病院 形成外科教室入局。形成外科学会の世界的権威上石弘教授の元で8年間修行を積む。医療法人啓仁会咲花病院 形成外科医長などを経て、2004年、つかはら美容外科形成外科クリニック開業。

日本形成外科学会認定 形成外科専門医、日本美容外科学会(JSAPS)正会員、日本美容皮膚科学会正会員、日本形成外科学会正会員、日本救急医学会正会員、日本レーザー医学会正会員、近畿大学医学部附属病院 形成外科非常勤講師

〒543-0055 大阪市天王寺区悲田院町9-20 阿倍野橋ビル3階電話
06−6772−2002FAX06-6772-2724
HP http://www.tsukahara-clinic.com/clinic/
E-mail :info@tsukahara-clinic

葛西健一郎
葛西形成外科院長

レーザー治療。赤あざ、イチゴ状血管腫、青あざの太田母斑、蒙古斑、茶色いあざ・扁平母斑、色素性母斑。ほくろいぼ、にきびあと、汗管腫、毛細血管拡張、赤いぼ、、刺青の除去、目立つ傷あとの切除など。

あざの種類や治療の段階によって、使用するレーザーは異なるため、当院では何種類かのレーザーを設置しています(保険対応のレーザーも)。世の中にはしみに関する情報や製品がありふれています。決め手に欠くのは、病態も原因も違ういろいろな種類のしみを、まとめてひとつのものとして扱おうとしているところに無理があるからです。当院では、まず問題のしみを顕微鏡で観察し、ひとつひとつのしみのタイプを判定します。その結果最適の治療方法を選び、治療スケジュールを決定します。

昭和61年 京都大学医学部卒業。関西医科大学形成外科、医局長を経て開業。
形成外科専門医。日本美容外科学会(JSAPS)、日本レーザー医学会レーザー専門医・指導医。
〒541-0053 大阪市中央区本町3-6-4 本町ガーデンシティ2階
TEL 06-6541-5225

林寛子
烏丸姉小路クリニック院長

傷跡・やけど・ケロイド、眼瞼下垂など、形成外科全般、シミ・シワ・たるみ、二重瞼など美容外科全般、メディカルエステ。

事故や火傷・手術の傷跡・生まれつきのあざやホクロ・加齢による変化など、自分にしかわからない外見のコンプレックスを取り除くことで、きっと心はずっと軽くなるはず。「患者さんが、自分らしく前向きに人生を生きて頂くお手伝いをしたい」、そんな想いで日々診察に携わっています。どんな小さな事でも恥ずかしがらずあきらめないで相談してみて下さい。その勇気はきっと人生の扉を開いてくれることでしょう。

滋賀医科大学医学部卒業、滋賀医科大学附属病院 放射線科、大阪市立大学医学部附属病院形成外科を経て、平成9年より約8年間、冨士森形成外科医院に常勤医として勤務し、2,000例以上の手術を経験。平成17年3月 烏丸姉小路 クリニックを開業

日本形成外科学会認定専門医、日本美容外科学会正会員(JSAPS)、国際美容外科学会会員(ISAPS)
〒604-8172 京都市中京区烏丸通姉小路下ル 場之町599 CUBE OIKE 3F
TEL:075-229-6388/FAX:075-229-6387
HP http://www.dr-tomoko.com/

大学病院・総合病院

一瀬晃洋
神戸大学医学部美容外科美容外科 准教授・診療科長

大学病院で初めて、美容外科全般を本格的に開始。医学部だけでなく、全学の合意・承認を得て すべての美容外科治療が可能に。

「アンチエイジングを中心に美容外科に関する、地域のセンターに」

昭和42年長崎県生まれ。平成5年神戸大学医学部卒。兵庫県立がんセンター頭頚部外科、大阪大学附属病院形成外科、りんくう総合医療センター市立泉佐野病院形成外科。神戸大学大学院医学系研究科で形成外科を専攻。平平成19年神戸大学大学院医学研究科(形成外科)/神戸大学附属病院美容外科講師に就任する。平成20年4月には正式に神戸大学医学部附属病院美容外科診療科長に就任予定。

〒650−0017 神戸市 中央区楠町7−5−2
初診予約専用 078−382−5264 問い合わせ専用 078−382−5822
HP http://www.med.kobe-u.ac.jp/cosme/index.html
<大学病院ではじめて美容外科全般を診療できる病院として注目>
インタビュー

矢野健二

大阪大学医学部形成外科教授(美容医療学寄付講座)

形成外科全般、とりわけ乳癌術後の乳房再建手術。
美容外科手術は実施していないが、大学病院など公的機関でははじめての「美容外科医療相談外来」で、美容外科医療のトラブルに関する相談を受け付けている。毎月第3月曜日完全予約制、一人1時間。午前3人、午後3人。費用は自費診療のため3万1千円。郵送(〒565-0871 吹田市山田丘2−2、大阪大学医学部美容医療学寄附講座)、FAX(06-6879-6059)
、E-mail(psurg@psurge.med.osaka-u.ac.jp)のいずれかで、申し込み。電話での予約は受け付けていない。
「美容外科のトラブルは、他の医療機関では相談できなくて、別の医療機関に行き、悪化してしまうケースもあります。おかしいと感じた時には大阪大学医学部形成外科『美容外科医療相談外来』にご相談下さい」
昭和59年高知医科大学医学部卒業。香川医科大学助手、国立呉病院形成外科医長などを経て平成12年7月から大阪大学助手。同助教授を経て、平成17年より同病院教授、平成19年より美容医療学寄付講座教授。
乳癌術後の乳房再建手術を専門としこの分野での日本〜世界の最高峰。

高田好章
大阪大学医学部 形成外科学美容医療学講座 教授。

"顔面および乳房の美容手術、美容手術後の醜形の修正。

1980年近畿大学医学部医学科卒業。大阪警察病院形成外科医長。大阪大学医学部講師、 などを経て、現職。
〒565-0871 大阪府吹田市山田2−2
電話06−68790−6056 fax06−68790−6059
E-mail takada@psurg.med.osaka-u.ac.jp


上田吉生
 近畿大学奈良病院 助教授

マイクロサ-ジャリー、頭蓋顎顔面変形症、唇顎口唇裂、乳房再建、手の外傷、美容外科全般(目、鼻の形成術、豊胸、乳房縮小、脂肪吸引)
「患者さんの利益を最優先した治療方法を行います」
昭和58年近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部形成外科、北里大学医学部形成外科、浜松医科大学形成外科を経て現職。
〒630-0293奈良県生駒市乙田町1248-1
電話0743-76-2111
HPhttp://www.kindainara.com
E-mail ueda@nara.med.kindai.ac.jp

 

 

 

 
トップページにもどる  このページの最初にもどる

●http//oct.zaq.ne.jp/b101/
感想・ご意見・ご希望、またご質問などをお寄せ下さい。
 メールアドレス
ここをクリック
Copyright© 2004,Hoichi Ohtake