トップページ

名医101人リスト
名医ってなに?
選んだ方法
北海道・東北
関東
東京(クリニック)
東京(大学病院等)
北陸・中部
関西
中・四国
九州
女医

美容外科のある
大学病院・総合病院

 
作成者プロフィル

 

 

 

医療ジャーナリスト 大竹奉一 美容外科名医101人 クリニックから大学・総合病院まで、全リスト無料公開
クリニックから大学病院まで地域別美容外科 名医リスト


医療ジャーナリスト大竹奉一ホームページリンク集
目・鼻・乳房・シミ・シワ・レーザー治療など、
最新情報と、
専門別名医リスト

失敗しない美容外科医の選び方

 

名医を選んだ方法

ステップ1.
北海道から沖縄まで、
53名の名医の、診療所・研究室を訪ねてインタビュー・出版

Q.美容外科101人の名医」って、どうやって選んだの。「名医」に選ばれた医者はいいけど、選ばれなかった医者は、何も勉強していない「算術医」だって思われちゃうんだから責任重大だよ。
A.
まず、「社団法人日本美容医療協会」「日本形成外科学会」など、信頼のできる団体の協力を得て、全国53名の美容外科・形成外科の名医のリストを作成した。
.それでリスト先にアンケート送って、いろいろ書き込んでもらって、リストをつくったってわけね。
A.
それじゃ、その医者がほんとうに名医かどうかわからない、聞きたい事だっていろいろあって、アンケートでは不十分だ。それでその形成外科26名、美容外科27名のリストの医者53名を、一人づつインタビューした。
.ふんふん。
A.
「学会か何かの集まりの時に、休み時間かなんかに、ちょっと時間をもらってインタビューしたらいいよ」って言ってくれる医者もいたけれど、私自身の目で、クリニックや大学の研究室で、診察室やその人の診療、などを確かめたかったから、1年間かけて札幌から沖縄まで、みんな訪ねて、一人二時間くらいインタビューした。
二時間も二人だけで話をすると、その医師の人柄ってかなり分るよ。中には「医者にインタビューにくる奴ってのは、医者をネタにして儲けようって奴がほとんどだ、お前もそうだろう。出直して来い」って、三度も飛行機で行かなければならなかった医師もいたけれど。
53名だから、一人2時間として、106時間の美容外科の講義を受けたようなものだね。
.で、みんな名医だった?
A.
「名医中の名医」ってのもいたし、「すれすれ名医に合格」ってのもいたし。
さらにインタビューした時にその医師に、「推薦できる美容外科・形成外科の医師を推薦してください」って、新たに推薦してもらった。
医師の仲間では「名医は名医を呼ぶ」って言葉があって、名医は、自分が不得意な分野や、専門でない分野の治療は、やはり自分と同じレベルのその分野の名医に患者を紹介しようとする。自然に「名医グループ」ってのができているんだ。逆にお金儲けに熱心な医師は、やはりそういうグループをつくっている。
.「類は友を呼ぶ」ってのだね。
A.
その取材を元に、2001年に「信頼の名医 形成外科美容外科」 という本を出版した。
そこでは、インタビューした53人の名医を、私との対話形式で紹介して、末尾に形成外科73名、美容外科61名のリストを掲載した。

ステップ2.
改訂版としてホームページを作成 
(2005年 平成17年)

.このホームページはその本を元につくったのね。
A.出版から4年経って、改訂版を出そうと思ったんだ。でも今度は書籍じゃなくてインターネットのホームページで伝えようとした。それがこのホームページだ。
.前の書籍版と違うところは?
.3つのサイトに分けた。
「美容外科名医101人」では、前回のリストを基礎に、新しく調査して101人の地域別の名医リストを作った。さらにそれを整理して美容外科のある大学病院・総合病院のリスト女医の名医リストをつけた。
のある大学病院・総合病院とその担当教授のリスト
.女医さんのリストというのもいいな。
A.美容外科を受けるのはほとんどが女性。でも美容外科の医師は男性が8割。女性のデリケートな心は分りにくいみたい。女医さんは治療法にしても、アフタケアにしても、細やかな心使いがある。特に肌のケアはかなり違うように感じる。
Q.「名医リスト」だけでなくて、関連するサイトもつくったんだって?。
A.「美容外科JP 専門別最新情報」では、シミ・豊胸術など、最新の治療法と、その治療を得意としている名医を、「美容外科名医101人」リストからピックアップした。
「美容外科COM 失敗しない美容外科医の選び方では、「広告の表現」「医者の経歴」「医者の所属団体」などに分けて、失敗しない美容外科医選びのアドバイスをした。

ステップ3.
リストの大幅更新

Q.リストはいつも更新しているの。
.亡くなった医師、引退した医師、高齢で体力がなくなっているのに手術をする医師、突然算術医に変身した医師などを削除し、また若い優れた医師をリストアップしている。美容外科<美容整形>が代わってきた。レーザー、光治療、注射療法などが発達してきている。
Q.リストアップなどの方針は最初と同じなの?
.まったく変わっていないと言ってよい。しかし10年以上、いろいろ勉強して、自分なりの考え方もできるようになってきた。多くの医師の協力も得て、下記のようなリストアップの基本方針を立てた。

名医選考基準<11項目>

1.経歴・所属

1.形成外科、一般外科などで、外科の研修を受けていること。
2.日本形成外科学会に所属していること。
3.美容外科医としての、研修を受け、技術・経験を積んでいること

2.治療方針

4.カウンセリングを丁寧に行い、患者との合意(インフォームド・コンセント)の上に手術を行っていること。
5.機能を無視した、手術を行わないこと。
6.リスト掲載の医師が直接、あるいは直接指導の下に手術が行われていること。
7.常に最新の世界的レベルの、高い技術の習得に努めていること
8.不得意な手術などについては、優れた技術を持つ他の医師に紹介する判断力と、コミュニケーションをもっていること。
9.アフターケア、修正などに、誠意をもって対応していること。

3.広告など  

10.誇大広告、誘導サイトなど、患者を集めるために、医学常識・一般常識をはずれた広告活動をしていないこと。
11.院長としてスタッフの指導・養成など、その美容外科医院全般に責任を持たず、「広告塔」として名前だけを出していないこと。

以上の基準に基づいて、私(医療ジャーナリスト大竹奉一)が責任を持ち、掲載料・広告料・協力費などとは一切関係 なく行っている。
また、日本美容外科学会総会(JSAPS)での発表、(株)全日本病院出版会発行の美容外科情報誌「ペパーズ」などの執筆者、信頼できる美容外科医の推薦、私のサイトに送られてくるメールによる相談などを参考にした。

ステップ4
                美容外科相談室開設
Q.美容外科相談室も開設したの?
A.2013年には、無料で開設していたが、2015年6月に『美容外科相談コーナー』を有料で再開した。
無料では、とても多くの質問が来るので、いくら頑張って返信をしても、毎日毎日増えて行って、返信が遅れ、私の体力も精神力も続かなくなって、やめざるを得なかった。少し返信が遅れると「役立たず!」と捨て台詞をメールする人もいたし。
Q,ひどい人もいるのね、
A.「無料だったら質問してみよう」と軽い気分で質問される方にも、まじめに、詳しい返信メールをしていた私自身にも責任があると感じた。
今回、美容外科手術を、まじめに真剣に受けようとされる方、失敗して困っておられる方で、相談料を出してでも、私のアドバイスが必要な方にだけお答えしようと、再スタートした。
A会員(相談料5,000円)は、3往復の相談メール、B会員(相談料10,000円)は、A会員の相談メールプラス、「美容外科名医101人」に掲載されている名医の中から、相談者が希望される名医、あるいは相談者に最も適当と考えられる名医(2人以内)に、私から紹介メールを発信するという内容だ。その詳細は、『美容外科相談室』をクリックしてみていただきたい。

 

 

 
トップページにもどる  このページの最初にもどる

●感想・ご意見・ご希望、またご質問などをお寄せ下さい。
 メールアドレス
ここをクリック
●http//oct.zaq.ne.jp/b101/
  Copyrightc 2004,Hoichi Ohtake