トップページ

広告の表現

形成外科で研修を受けた医者を選ぶ。

医院の形態
個人専門クリニックと「熟練医グループ医院」で受けよう。
「ついでにクリニック」は 危ない。

「大手美容外科」は もっとも危ない。

大学病院では、最高の治療?

「日本美容医療協会」は信頼度がい。
 「日本美容外科学会」は2つある

大きなビル、ホテル並み、交通便利にだまされない

料金で選ぶと失敗
受けない方がいい人

「美容ガイド」「メール相談室」は危険

「美容外科名医101人」は?
カウンセリングこそ命
海外で受診してはいけない

 

 

医療ジャーナリスト大竹奉一のホームページ「美容外科名医101人」 「美容外科COM」 「美容外科JP」は、信頼できる美容・形成外科団体の協力を得て、全国 53名の美容外科・形成外科の名医へのインタビューと200名の医師へのアンケートを元に作成されました。

美容外科
クリニック、美容外科のある大学病院・総合病院など、すべての医療機関からの中から選びました。
広告料・掲載料・ 協賛費などに一切関係なく、客観的・公正な立場で作られた最新情報です。

 

医療ジャーナリスト 大竹奉一
失敗しない
美容外科選び

医療ジャーナリスト大竹奉一ホームページリンク集
大学・総合病院からクリニックまで 地域別 
美容外科名医101人詳細リスト

目・鼻・乳房・シミ・シワ・レーザー治療など、
最新情報と、
専門別名医リスト


美容外科医・医院の選び方、3

医院の形態
ついでにクリニックは危ない

Q.美容外科医院といっても、医者が一人のところ、何人もいるところがあるけど…。
A.
美容外科治療をしている病院・医院は、下記の6つの形態がある。
1.個人クリニック
2.熟練医グループ医院
3.ついでにクリニック
3.大手美容外科医院
4.総合病院
5.大学病院

Q.「ついでにクリニック」って何?面白い名前ね!
A.元々、「内科」「皮ふ科」「産婦人科」などをしている個人クリニックで、これまでの診療科に「美容外科」を付け加えて、美容外科治療をしている個人医院。              「患者に女性が多く美容医療の要望が多い。レーザーや注射(皮膚充填剤注入)など、メスを使わない美容医療ができるようになった。自分でもできるだろう、一儲けしよう」と、美容外科の研修も受けていないのに、ついでに美容外科の看板を出すクリニック。私は「ついでにクリニック」と名付けている。
このタイプの医院は非常に危ない。
「レーザー」はメーカーが操作法を教えてくれるが、治療の原理は、皮膚や血管を熱で焼いて治療する。危険で、患者の希望に応じた治療が必要だし、数千万円もするレーザーも数台必要。片手間にできる治療ではない。
「注射」は、内科などで使う血管や筋肉への注射とは全く異なって、組織の中へ、異物や自分の脂肪を注入する。血管や筋肉などの薬は、数時間、数日で排出されるが、美容外科の注射療法で使われるコラーゲン・ヒアルロン酸・レディエッセなどの液体物質は、フィラー(皮膚充填剤)と呼ばれるように、半年から3年は残って、皮膚のシワやへこみを目立たなくする。注入量が少なくては効果がなく、多すぎては腫れ上がってしまう。しかも品質の悪い物質を使用した場合は、内部でしこりをつくって、危険だ。
脂肪の場合は、生着すれば良いが、そうでない場合は、やはりしこりをつくる。
個人クリニックが良いと言っても、「ついでにクリニック」は、非常に危ない。かかってはいけない。

 

 
トップページに戻るこのページの最初にもどる

http//oct.zaq.ne.jp/b101/
感想・ご意見・ご希望、またご質問などをお寄せ下さい。
 メールアドレス
ここをクリック
Copyright© 2004,Hoichi Ohtake