トップページ

広告の表現

形成外科で研修を受けた医者を選ぶ。

医院の形態
個人専門クリニックと「熟練医グループ医院」で受けよう。
「ついでにクリニック」は 危ない。

「大手美容外科」は もっとも危ない。

大学病院では、最高の治療?

「日本美容医療協会」は信頼度がい。
 「日本美容外科学会」は2つある

大きなビル、ホテル並み、交通便利にだまされない

料金で選ぶと失敗
受けない方がいい人

「美容ガイド」「メール相談室」は危険

「美容外科名医101人」は?
カウンセリングこそ命
海外で受診してはいけない

 

 

医療ジャーナリスト大竹奉一のホームページ「美容外科名医101人」 「美容外科COM」 「美容外科JP」は、信頼できる美容・形成外科団体の協力を得て、全国 53名の美容外科・形成外科の名医へのインタビューと200名の医師へのアンケートを元に作成されました。

美容外科
クリニック、美容外科のある大学病院・総合病院など、すべての医療機関からの中から選びました。

広告料・掲載料・ 協賛費などに一切関係なく、客観的・公正な立場で作られた最新情報です。

 

医療ジャーナリスト 大竹奉一
失敗しない美容外科選び

医療ジャーナリスト大竹奉一ホームページリンク集
大学・総合病院からクリニックまで 地域別 
美容外科名医101人詳細リスト

目・鼻・乳房・シミ・シワ・レーザー治療など、
最新情報と、
専門別名医リスト

美容外科医・医院の上手な選び方

カウンセリングこそ命
複数の名医に受け、十分納得して

Q.美容外科の治療は、治療を受ける前に、しっかりカウンセリングを受けるのが大事だって聞いたことがあるのだけれど、どんなふうにカウンセリングを受ければいいの?
A.

1. まず、3人の名医にカウンセリングを受けよう。
 カウンセリングを受ける前に、候補となる美容外科医を3人ほどに絞り込む。私の「名医101人」リストや、口コミ、その医師のホームページなどを見て、まず5、6人程度を選び、さらにいろいろな条件を考えあわせて、3人程度に絞って、3人にカウンセリングを受ける。少なくとも2人に受けることを強くお勧めする。
 一般医療でも、セカンド・オピニオン、サード・オピニオンと言って、がんなどの命に関わる病気では、治療に迷った時には、2人、3人の医師に意見を聞くことが多くなってきた。まして病気でもない美容外科では、どのように治療するかは、技術・経験が同じ医師でも、一人一人違う。その医師の好みや、大げさに言えば美学がある。同じ二重まぶたでも、手術したことがわからないようにするのが上手で好きな医師、術前・術後がはっきりわかる手術が好きな医師、などさまざま。そんな医師の傾向、また患者自身との相性などを確認するのはカウンセリングでしかわからない。

2.一回のカウンセリングで決めないこと。
A.美容外科の手術は緊急でない場合がほとんどだ。最初の診察で美容外科医がすぐ『手術しましょう』ということはまずない。『はい』と決めないことが大切だ。決めても何か疑問が出たら、何度でもその医師のところに通って、良く話を聞いてから、どうするかを患者自身で良く考えて決める。「結婚式に間に合わせようと……」「仕事で東京に出てきた時にしようと思って……」など、急いで、ある一人の美容外科医に、一回だけカウンセリングを受けて決めたために、美容外科医の選択を間違えた、技術的に失敗した、十分に自分の希望が伝わらなかった、という例は数限りない。

3.カウンセリングの現場では、次のようなことに注意することが必要だ。
「カウンセラー」と称する女性だけが出てきて、医者が直接出てこない医院はパス。また「今日は先生は忙しいので」「学会出張で」などの口実を与えないために、カウンセリングの予約で、実際に手術をする医者に直接カウンセリングを受けたいことを必ず伝える。
医者が出てきたら、実際に自分を手術をする医者かどうかを確認。
きちんとした医者は、患者が納得するまで説明して、「一度家に帰って、ご家族とも相談して、気持ちが変らないなら一週間後にもう一度いらっしゃい」などと言う
患者のいろいろな質問に、患者が納得するまで答えていないのに、打ち切って手術の日を早く決めようとする医者はパス。「今日時間があるから手術しようか」「明日時間が空いてるからしてあげようか」などという医者は問題外。
二重まぶたで相談に行ったのに、「鼻もした方がいいよ」などと、相談もしていないのに、あれこれ手術を勧めるのも、問題外。
何度かカウンセリングを受けて、行くたびに応対に出てくる医者が違う場合は、常勤の医師がいない病院。これも問題外。
4.実際の手術に、カウンセリングを受けた以外の医師が来たら、その日の手術は中止。 
「約束と違います」とその日の手術は絶対中止する。「カウンセリングをした〇〇先生からよく聞いています」などと言い訳するが、うまく伝えられているはずがない。美容外科の手術は、他の病気と違って、遅すぎるとか手遅れということはない、中止することを恐れる必要はない。もし中止すると言った時に難色を示すような美容 外科医であれば、それだけで要注意。手術台に乗ってしまえばおしまい。それまでに決然と行動することが大切だ。

Q.うーん。よくわかるけど、すっごく難しそう。
まずね、3人の医師にカウンセリング受けるって、お医者さんの立場になったら嫌なんじゃない。自分が他の医師と比べられてるわけだし、話だけ聞いて治療を受けに来ないかも知れないんだから。

.確かにそうだよ。でも、患者は大金を投じて、命の次くらいに大事な自分の顔にメスを入れてまで、人生を変えようとしている。 医者に遠慮して、十分にカウンセリングを受けなくて、自分の思うような結果が出なかったら、一生後悔する。
失敗しても、患者の希望通りの結果が出なくても、多くの美容外科医は手術料をしっかりとる。医療ってそういうものだ。しかし患者はたとえ訴訟で勝ったとしても、失敗の手術の治療費プラス慰謝料が戻るだけ。失敗した顔や体は戻らないことも多い。精神的ショックは非常に大きい。医師に失礼にならないようにするのは大切だけれど、気を使い過ぎて大切なことを聞かなかったり、何度もカウンセリングを受けているからと、義理立てすると取り返しのつかないことになる。
ごくごくまれに、なんとなく受けて、その医者が上手で、患者の希望をよく把握してくれて、相性が合って、うまく行く例もあるが、そんな稀なラッキーな例の陰に、カウンセリングを軽く見て泣いている患者が無数にいる。医者に遠慮しないでしっかりカウンセリングを受けることが大切。
カウンセリングをめんどうくさがったり、患者が納得していないのに早く切り上げようとしたりする医者だったら、それだけで、その医者には手術を受けないようにした方が良い。

ある美容外科の名医は、カウンセリングについて次のように発言している。
「何度もこられてなかなか決めてくれないのは、実は私達にとってつらいことです。これだけ説明し
たのだからもう決めてくれてもいいのにと思うこともしばしばあります。でも患者さんの心構えとしては、自分が納得するまで何度でもカウンセリングを受けられた方が良いと思います。医師にとっても、術後にいろいろ言われたり、訴訟沙汰になったりするよりも、患者さんが満足していただくことが一番うれしいことなのですから」と。

 

 
トップページにもどる  このページの最初にもどる

感想・ご意見・ご希望、またご質問などをお寄せ下さい。
 メールアドレス
ここをクリック
http//oct.zaq.ne.jp/b101/

  Copyrightc 2004,Hoichi Ohtake